在庫限りで販売終了(600〜620℃焼成)【ガラス用メタリック粉末上絵具】コッパー ※注意!陶磁器には使えません

850902

1,100円(税込)

在庫状況 残り4です

購入数

少し赤味を帯びた茶系のさび色のようなアンティーク調で、
レッドよりも赤味が少ない色です。


【ガラス用メタリック粉末上絵具】
光りすぎない落ち着いた光沢で、
きらきらした輝きがガラスの透明感を引き立てます。
ガラス用の上絵具と合わせてお使いいただくのもおすすめです。

マットで不透明なので、
透明なガラスの表面でも、描きやすく、
描いた絵が分かりやすい。

ステンシルやパディングなどの技法で、
簡単かつ華やかにできておすすめです。




ガラス絵具の描き方や使い方についてのコラムもございます。
併せてご覧ください。
《プチレッスン》第24回/白系ガラス絵具の使い分け
《プチレッスン》第10回/続・ガラス絵付け ちょっとしたアイデア編
《プチレッスン》第9回/夏に向けてガラスの絵付けレッスン

------------------------------------------------------

絵具の特性上、金属的に見せるため、
粒子が焼成で完全には溶けないようになっています。
そのため耐摩耗性がなく、焼成後に絵具が若干落ちることがあります。
直接食品や口に触れる部分への絵付けは避け、
装飾用としてお使いください。


------------------------------------------------------
●容量 :5g 
●種類 :ガラス絵付専用 低鉛耐酸粉末絵具
●混色はおすすめしておりません。
●焼成温度 :600〜620℃
---------------------------------------------------------

【商品のご使用について】
ーご使用前にご確認くださいー

●ガラス絵付専用の粉末上絵具です。ガラス絵付以外の用途には使えません。
●ご使用の際は専用の溶剤が必要です。
おすすめの溶剤 : 水溶性メディウム速乾性
●絵具を器に焼き付けるには、専用の電気炉で600〜620℃での焼成が必要です。
電子レンジなどでの焼成はできませんので、ご注意ください。
●絵具で描いた器は、必ず指定の温度で焼き付けてからご使用ください。

【ガラスの焼成について】
ガラスは陶磁器に比べて、温度に非常に敏感です。以下の点にご注意ください。

●焼成温度は600〜620℃です。(焼成温度は窯のサイズや作品の量などによっても多少変わります)
●絵付けを施す器は、必ずソーダガラスの商品をお使いください。
●必ず試し焼きを行ってください。
●焼成は、物と物との間隔を充分にあけ(5cm以上)、キープ時間なしで焼成してください。
●原則として、棚板は1段のみで焼成してください。

※閲覧環境によって、商品のお色やイメージは実際と異なる場合がございます。

レビューはありません。

カテゴリーから探す