ホーム  > ウツワトエツケのフリーレシピ

 

ワンストロークで竹を描く
〜新年の描き初めに。丸筆の運筆練習〜

2021年12月21日掲載
 



新年を迎えるにあたり、
ウツワトエツケのフリーレシピで、

気持ちも新たになる描き初めの準備はいかがでしょうか
 
来年こそ竹を割ったような性格になりたい、
とお思いのあなたには、
ちょうどいい描き初めの絵柄です。
 
迷わずに運筆したい、竹の葉。
スッパリと描ければ、よりきれいな仕上がり。
スッパリとはいかないかも?
でも大丈夫。
絵付け特有の方法で、らくに整えられます。
 
絵具の固さを確認することや
筆に含ませるオイルの量など、
そして運筆も含めて、年明けの手には
いい練習になるはずです。

ぜひ年末から準備してチャレンジしてみましょう。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

〈制作手順〉

1

『クリーニングアルコール』で器を拭き、
『スタビロ鉛筆』や
『BOXY油性ボールペン』などで下書きをします。
「小」の字のように開いた3本の線などを中心に、
2枚の葉のものなども混えながら
いくつか開き方を変えながら書きます。
色々な方向を向いているように、
バランスよく散らしましょう。

 

2

絵具を『ペインティングオイル』で練ります。
このサンプルでは
『グリーン』と『ストームグリーン』
を使っています。
2〜3色あると奥行きが出ます。
お好みの緑で(または他の色でも)結構です。
粉とオイルがよく混ざるように広げて練り、
マヨネーズ程度のつや感のある状態にします。

 

3

丸筆を用意します。
このサンプルでは
『ラファエル8404丸筆2号』を使っています。
ある程度太さのある筆を使うと、
ふっくらした葉の形にしやすいです。
ただ描きたい器が小さくなれば、
それに合わせてサイズダウンしましょう。

 

4

ストロークを描いてみます。
丸筆は、普通に線を描いたり面を埋めることも出来ますが、
ひと筆で葉や花びらを描ける、
細長い滴状の「ストローク」を描くのが
この筆を生かせる一つの使い方です。
 
 ○筆に充分絵具を含ませ、余分な絵具を絞ります。
 ○半分くらい筆をつぶし、そこから筆の毛が立ち揃うまで、
  縦にまっすぐ、ゆっくりめに引いてきます。
 ○静かに器から引き離します。

 

5

失敗例です。
ストロークの縁にはある程度たまりが出来やすいですが、
それが大きすぎると絵具の厚い部分が
剥離の原因にもなりますので、
たまりは少なめになっていた方が無難です。
 
たまりが出来る原因ですが、
以下の3点が考えられます。
思い当たる部分を改善していきましょう。
 
    ○(左上)絵具がゆるすぎる
 ○(右上)筆圧が強い
 ○(下)筆が斜めに寝ている
 ※右利きの方だと、ストローク頭部分が
 右側に三角に出っ張った形になりやすい

 

6

もう一つのストロークを抱き合わせるように描きます。
ほんの少し重なる程度にすれば、
そこが自然に葉の中心になります。

 

7

1枚葉を描くたびに、器の向きを変えます。
ストロークを描く向きが縦になるように、
1枚葉を描いてはずらし、また描いてはずらし、
を繰り返していきます。

 

8

『オリジナルゴムピック』で必要な修整をします。
葉先が細く尖るように、
ピックの長刀状の先端を白磁にぴったりつけ、
描いた葉のアウトラインに沿って、
根元側から先端側に引いてきます。
 
絵具が薄く伸びてしまっている所は、
綿棒できれいに掃除をしましょう。

 

9

茎などを描きます。
細い線を描く時は、筆先に少しオイルをつけ、
絵具の一部をゆるめます。
整えた筆先にその絵具を取り、
筆はあまり寝かさないようにして、
筆圧をかけずに引いてきます。

 

10

800〜820℃で焼いて完成です。
 
焼き上がって色の薄さを感じたら、
もう1回塗り足して再度焼成してみましょう。

 

 
※ 制作に関してのご注意 ※


〈絵具の厚みと安全性について〉
 
絵具は、部分的に厚すぎると、焼成後剥離し、
逆に薄すぎると、絵具量の不足によりつやもなく、
場合によっては酸性の強いものを
長時間載せておくと、絵具に含まれる
金属成分が溶け出すことがあります。
 
適度な厚みの絵具が、きれいでつやがある、
そして使用上安全な焼き上がりの条件となります。

 


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 
〈使用した道具〉


クリーニング
アルコール 50ml

 

スタビロALL鉛筆
8008 赤軸

 

BOXY
油性ボールペン

 

ペインティング
オイル

 

グリーン


 

ストーム
グリーン

 

ラファエル8404
丸筆2号

 

オリジナル
ゴムピック

 
 


 
       
  • ショッピングガイド
  • メールマガジン
  • コラム
  • フリーページ
  • 絵具
  • 筆
  • オイル関連
  • 他の道具
  • テキスト関連
  • ジュエル
  • 白磁
  • 転写紙
  • 作品販売
  • 商品ページで動画がご覧いただけます
  • インスタグラム

カテゴリーから探す



インスタグラム

メールマガジン
【営業日カレンダー】
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
定休日は土日祝日(ピンク色)です。

カテゴリーから探す