ホーム  > ウツワトエツケのフリーレシピ

 

ハートローズとリボンテープ柄の
マグカップ

2024年2月11日掲載
 



水溶性メディウム速乾性の特性を活かして
ワンファイヤーで仕上げる、
小さなハートでできたローズのつぼみと
リボンテープ柄を連ねたマグカップです。

ふたつの柄をたくさん連ねて描くことで
華やかなアレンジが手軽に楽しめます。
またローズは単独で散らして描いてもかわいいです。

いろいろな形の器に描いたり色を変えたりして
さまざまなアレンジを楽しんでみましょう。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

〈制作手順〉



1

マグカップを12等分に割り付けします。

マグの裏面に『サークルプレート』を置き、
『ファインポイントペン』でまず4分割の印をつけます。
次に、それぞれの4分の1円のエリアでさらに3等分にして
それを90度ずつ回転させて4回繰り返し、
12分割の印をつけていきます。

マグの側面に、『スタビロ鉛筆』で
先ほどつけた12分割の印から垂直にラインを引いて
アタリをつけておきます。

※マグの裏面はこすってしまいやすい場所のため、
 この後の作業で消えてしまわないよう
 鉛筆ではなくファインポイントペンを使用しています。



2

スタビロ鉛筆で柄の割り付けの下絵を描きます。

一列を定規で測って5等分しローズ用の丸を5個、
さらにその隣の列を定規で測って6等分し
リボン用の「7の字」を6個連ねて描きます。

白磁や柄の大きさに応じて数を変えてください。

※ここではマグの高さ80mmに対して
ローズは約15mmの円(次の3で描く中の円は約8mm)、
リボン用の「7の字」は約13mmにしています。
ローズは約15mmくらいまでの大きさで描くと
かわいらしいです。



3

スタビロ鉛筆で、ローズ用の丸の1/2上に
さらに小さな丸を描きます。
ここに花びらが入ります。
リボン用の「7の字」の右側にも
小さな「7の字」を描きます。



4

マグを逆さにして
ローズの花びらになるハートを描きます。
『ローズマロンNo.2』と『ウォームピンク』を同量混ぜ、
『水溶性メディウム速乾性』でハチミツ状に練ります。

ここに水を加えて少し柔らかくして
『ラファエル8404丸筆0号』の先に取り、
3でいれた小さな丸の中にハートを入れていきます。
(上の画像1参照)

表面が乾いたら、ハートの左側を濃くするため
左側だけもう一度上から描き入れます。
(上の画像2参照)



5

バラの茎と葉を描きます。
『クロームグリーン』を水溶性メディウムで練り、
水を加えて丸筆0号の先に取ります。

マグを元の向きに戻し、
4で描いたピンクのハートの下に
少し小さめの緑のハートを描き入れます。
(上の画像1参照)

表面が乾いたら、緑のハートの左側が濃く見えるよう
薄いところは上から描き入れます。
(上の画像2参照)





6

茎と葉を描きます。
絵具は、先程よりさらに水を加えてもう少し柔らかくし、
『ディテールライナー小』の先に取って、
まずピンクと緑のハートの長さと同じくらいの
茎(上の画像1の部分)を描き、
そこから左右に生えるように
葉(上の画像2〜5の部分)を描きます。

マグの取っ手に近いところは
筆のお尻の方を持つようにすると描き入れやすいです。
(画像はマグの下に台代わりとして小皿を置いています)



7

リボンを描きます。
『フロスティグリーン』を水溶性メディウムで練り、
バラを描いた時より少し多めの水を加えて
ディテールライナーの先に取ります。
下絵で描いた「7の字」をなぞりながら、
稲妻のようにジグザグと描き連ねます。
(上の画像1参照)

さらに絵具に少し水を加えて柔らかくしたもので、
右側に描いた小さな「7の字」の下絵をなぞり、
その中を左に向かって上下に塗りつぶします。
(上の画像2参照)

 

8

でき上がりです。
リボンテープを入れると一気に空間が埋まります。
お好みで取手や縁などにも色を入れてください。
マグカップは色が垂れやすいので、
絵具は柔らかくなりすぎないように気をつけましょう。
乾かしてから820℃で焼成してください。
 
今回は各モチーフが接近しているのと
器が立ちもののため垂れやすいので
水溶性メディウム速乾性を使用しましたが、
『ペインティングオイル』などでも
同様に描くことができます。

焼成後、お好みでここからさらに
グラデーションをつけてモチーフの色を濃くしたり、
ラインを描き足したり金彩などをすると
グレードアップします。
ぜひいろいろな器にアレンジして
制作してみてください。
 

※ 制作に関してのご注意 ※


〈絵具の厚みと安全性について〉
 
絵具は、部分的に厚すぎると、焼成後剥離し、
逆に薄すぎると、絵具量の不足によりつやもなく、
場合によっては酸性の強いものを
長時間載せておくと、絵具に含まれる
金属成分が溶け出すことがあります。
 
適度な厚みの絵具が、きれいでつやがある、
そして使用上安全な焼き上がりの条件となります。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 
〈使用した道具〉
 

ストレートマグ

 

 

クリーニング
アルコール 50ml

 

ミニ
パレットナイフ

 

パレットタイル
15cm

 

スタビロALL鉛筆
8008 赤軸

 

ファイン
ポイントペン
0.1mm 黒 油性

サークル
プレート

 

曲線用定規
30cm

 

水溶性メディウム
速乾性 20ml

 

ラファエル8404
丸筆0号

 

ディテール
ライナー小

 

ローズマロン
No.2

 

ウォームピンク


 

クローム
グリーン

 

フロスティ
グリーン

 
  • ショッピングガイド
  • メールマガジン
  • スクール
  • ギャラリーショップ
  • 絵具
  • 筆
  • オイル関連
  •    
  • 他の道具
  • テキスト関連
  • 白磁
  • 転写紙
  • セール
  • コラム
  • フリーレシピ
  • インスタグラム

カテゴリーから探す



インスタグラム

メールマガジン
【営業日カレンダー】
2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
定休日は土日祝日(ピンク色)です。

カテゴリーから探す