<中級>【ポイント動画付きオリジナルテキスト】 基本の形で学ぶプチローズブーケ 〈江川講師作品〉

855755

6,600円(税込)

在庫状況 残り5です

購入数

こちらの商品をご購入された方には
★手順付きテキスト
★下絵見本(大きさ違いの参考例)
★簡単な動画の視聴ガイド
をお届けいたします。



動画付きテキスト『基本の形で学ぶプチローズブーケ』ダイジェスト動画

------------------------------------------------------------------------
◎こちらの作品を制作するに当たって焼成環境のない方は、有料にて焼成を承ることも出来ます。
ご希望の方は<お問い合わせ>フォームからご連絡ください。
------------------------------------------------------------------------


動画は約10分程度に、絵具を練る所から仕上がりまで、
分かりやすくコンパクトに描き方をまとめています。
ガイドに沿って操作していただくことでどなたでも簡単にご視聴いただけます。
テキストの内容は動画とほぼ同じですが、
〈動画を見て+テキストで確認する〉
ことでより理解を深めることが出来ます。

◎内容についてのご不明点などございましたら、
直接お送りするご案内に記載のある制作監修担当のアドレス(江川講師)までメールでご相談いただけます。
どうぞお気軽にご利用ください。

◆基本の丸筆の動きが詰まったプチローズブーケ。動画+テキストで繰り返し練習してみましょう。

●動画視聴についての注意点
視聴方法のガイドラインに沿って操作していただくことで、
どなたでも簡単にご自宅のパソコンやスマートフォン・タブレットなどで動画をご視聴いただくことができます。
(オンラインでご視聴になる際は、通信料が発生しないWi-Fi環境でお楽しみください)
※この動画は、動画配信会社の都合により予告なくサービスが停止する場合がございます。
そのため購入後は、各動画をダウンロードしてご覧いただくのがよりおすすめです。
オフラインで、通信料も気にすることなく、より安心して長く動画をお楽しみいただけます。
※動画及び動画内の文章・画像等の無断転載や複製等の行為、また動画URLおよびパスワード
の第三者への譲渡・貸与はご遠慮下さい。

●動画は、動画配信サービスにてご視聴いただきます。
←こちらのページよりご使用予定のパソコンやスマートフォン等で動作確認ができます。
ご確認の上、ご購入いただくことをおすすめします。


快適にご視聴いただくために、パソコン/スマートフォン/タブレットで、以下の視聴環境が推奨されております。
○パソコン
Chrome 30+、Firefox27+、Internet Explorer 11+※、Microsoft Edge、Safari9
古いバージョンのInternet Explorer(IE 10・9・8など)はVimeoの再生にはご使用いただけないことがございます。
○スマートフォン/タブレット
Android バージョン(Lollipop)5.0+、iOSバージョン9.3.5+


★絵付けのモチーフの中でも、サラリと描けるとうれしい、
とにかく応用範囲が広くてかわいく仕上げられやすい絵柄、それが「プチローズ」です★


遠方の皆様、今お教室に通えない皆様にもレッスンスタイルがお届けできるように、
絵具を練り始める所から描き上げるまでのポイントをまとめた動画付きテキスト、
〈基本の形で学ぶプチローズブーケ〉(白磁フリー)

をご用意いたしました。


◎絵付けをするなら、サラッと描けるとうれしいのがプチローズ。
小さな絵柄の中に、ミニチュア丸筆の基礎と応用の技法がギュッと詰まっています。
周りに葉や小花もつけて、シンプルでかわいいブーケスタイルを
基本の作りから理解して、下絵がなくても描ける手順を学びます。

うまく描くには、溶剤の理解、絵具の練り方、基本のストローク、
整え方のちょっとしたコツなどを踏まえて、なおかつ練習を繰り返すことが大事です。
テキストを読んでもなかなか分かりづらかった筆の運びなどを、繰り返し動画で確認しながら描くことで、
きっと納得のいくプチローズが描けるようになってくると思います。

色々な器にちょっと描くだけで、素敵な手描きの贈り物にもなるプチローズ。
特に動画で見ることで理解が深まる絵柄の一つです。


*用意するお道具は、
●溶剤………
○水溶性メディウム速乾性
●筆………
○ミニチュアタイプの丸筆(1、2号程度)
○スマートライナー
●絵具………
ピンク、赤紫グリーンブルー黄色などの絵具

○円定規

ほか、基本道具などがあればプチローズブーケが描けます。
ちょっとした小皿やタイルの上などでも描ける絵の大きさですので、
まずは何度も描いて練習をしてみましょう。

レビューはありません。

カテゴリーから探す